ホームコミュニティ番組111ch高松CMS1けーぶるにっぽん 彩・JAPAN

けーぶるにっぽん 彩・JAPAN

地域を愛し、応援し、我が町の文化・情報を全国に発信するプロジェクト「けーぶるにっぽん」。
シリーズ第14弾となる今回は地域ならではのさまざまな物事を代表的な「色」を掲げて彩り上げます。




●#21 愛知・豊田 三河花火 夜空を彩る大輪の花~
夜空に大輪を咲かせ、一瞬で散りゆく儚い光の芸術、花火。愛知県は花火の製造業者数日本一を誇る。
見る人に感動を与えられる美しい花火を作りたいと、職人たちは日々、手間隙をかけて花火づくりに打ち込む。

制作局:ひまわりヘットワーク  【放送日時】  8月14日(土)10:30~ほか






●#22 富山・射水 後世に守り継ぐ 富山湾の宝石~
4月から11月にかけ漁獲される「シロエビ」。水揚げされたばかりのものは淡く透明で、
その美しさから「富山湾の宝石」とも呼ばれています。
この魅力を広めようと、地元・シロエビ漁師が「富山湾しろえび倶楽部」を設立。
全国へ魅力を発信する倶楽部の活動や、資源を後世に守り継ごうと取り組む漁師の思いに迫ります。

制作局:射水ケーブルネットワーク  【放送日時】  8月28日(土)10:30~ほか






●#23 佐賀・伊万里 スーパーフード 川内野の黒米
かの楊貴妃も、美容食として愛用したと伝えられる黒米。
標高250メートルの山あいで育つこだわりの黒米は、スイーツやお酒へと
姿を変え、人々の食生活を美味しく彩ります。

制作局:伊万里ケーブルビジョン  【放送日時】  9月13日(月)10:30~ほか





●#24 長野・箕輪 蚕が紡ぐ純白
長野県南部にある箕輪町に養蚕を続ける農家があります。
蚕たちが暮らす場所を作り餌となる桑を与え育てます。蚕は大きくなると純白の糸を
吐き出し繭を作ります。
養蚕は長野県でもかつては主力産業の一つでしたが、現在全国でも養蚕農家は300戸弱しかありません。
今、日本から消えゆこうとしている養蚕業を紹介します。

制作局:伊那ケーブルテレビジョン  【放送日時】  9月26日(日)16:00~ほか



●#25 秋田 金色(こんじき)の稲穂 思いは竿燈にのせて
秋田県中央部に位置する秋田市。ここが最も活気あふれると言っても過言ではないのは
8月3日~6日まで行われる秋田竿燈まつりだ。
しかし、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、昨年と今年はひっそりとした「静かな夏」を
過ごすことになった。
「来年こそは。」今、祭りに携わる人たちの竿燈への思いを語ってもらう。

制作局:秋田ケーブルテレビ  【放送日時】  10月9日(土)16:00~ほか



●#26 宮崎・日之影 竹細工 カルイにかけたオモイ
町土のほとんどを山林で占める日之影町では青々とした竹を使って様々な道具が製作されてきた。
中でも「かるい」と呼ばれる背負いかごは急斜面での畑仕事や荷物を運ぶため重宝されてきた。
竹細工の職人は減少したが残った職人はさらに技を磨いていった。
使いやすさ、丈夫さ、美しさを究極まで追求した竹細工の魅力に迫る。

制作局:ケーブルメディアワイワイ  【放送日時】  10月23日(土)10:30~ほか


このページの先頭へ


このページの先頭へ