ホームコミュニティ番組111ch高松CMS1けーぶるにっぽん 彩・JAPAN

けーぶるにっぽん 彩・JAPAN

地域を愛し、応援し、我が町の文化・情報を全国に発信するプロジェクト「けーぶるにっぽん」。
シリーズ第14弾となる今回は地域ならではのさまざまな物事を代表的な「色」を掲げて彩り上げます。



●#1 岡山 万成石 神秘とロマン満ちる桜色
桜が舞い散る様を思わせる、淡いピンクの石目の万成石。岡山市特産の花崗岩で、
採掘できるのは、世界中で市内の万成地区だけ。
江戸時代からの歴史を持ち、全国各地の有名建築物や著名人の墓石などに使われている。
なぜこの地の花崗岩が桜色になるのかは、現在も解明されていない。
神秘とロマンに満ちた万成石に迫ります。
制作局:岡山ネットワーク 【放送日時】10月10日(土)16:30~ほか


●#2 山梨・甲府 武田の赤備え 五百年続く信玄の色
武田信玄と聞いて、何色が思い浮かぶか?
赤い甲冑に身を包み、にらみをきかせる武田信玄。そして武田の「赤備え」。
高級な材料から作られた赤い武具や装飾は最強部隊の証。武田神社に残されている信玄の
赤い元服鎧。信玄の赤に着目し、そのこだわりに想いを馳せます。
制作局:日本ネットワークサービス 【放送日時】10月24日(土)16:30~ほか


●#3 山口・下松 墨で彩れ!書アーティストの挑戦
墨の黒で表現する書の世界。新しい書道の形を探し、挑戦を続ける一人の女性。
山口県下松市在住の”書アーティスト”西岡雅宵さん。
古くから日本人に愛されてきた書の道を究めながら、その伝統を守りつなごうと
躍進する彼女の姿を追います。
制作局:Kビジョン 【放送日時】11月14日(土)16:30~ほか


●#4 大阪 気品漂うマルーンカラー
関西私鉄各社の中でブランド力に秀でる阪急電鉄。
特に車両においては、会社創業時よりマルーンカラー(濃い茶色)で統一し、
今もなおそのカラーを維持している。
この色にはどのような歴史があり、どのように維持されているのか。
街の風景として定着し、京阪神におけるブランドとなっている阪急電車の
マルーンカラーに迫ります。
制作局:ベイ・コミュニケーションズ 【放送日時】11月28日(土)10:30~ほか



●#5 佐賀・伊万里 お殿様が愛した「鍋島焼」
江戸時代、全国に類を見ない藩直営の窯が、伊万里市大川内山にあった。
技術の枠を集めて作り出された「鍋島焼」は、「染付」、「色鍋島」、「鍋島青磁」と、
様々な色を生み出し、朝廷や将軍を魅了した。
大川内山には、今も、その伝統を忠実に継承している職人が存在する。
制作局:伊万里ケーブルテレビジョン 【放送日時】 12月12日(土)10:30~ほか




●#6 秋田 伝統漆器 黒のむこうに輝く光
約800年の歴史をもつ伝統工芸「川連漆器」。そこに斬新なアイデアを取り入れ、新しい作品の
制作に挑む4人の職人達。
そしてもう一つの漆器「秋田塗」。熟練の技「研ぎ出し技法」で時代に合わせた作品づくりに
情熱を注ぐ現代の名工を紹介する。
伝統に挑戦を加えたその先に、職人たちは何を見据え、何を思うのか。
制作局:秋田ケーブルテレビ 【放送日時】 12月26日(土)16:30~ほか



このページの先頭へ


このページの先頭へ

閉じる

  • WEB得 対象プランご加入で 5,000円おトク! いますぐキャンペーン料金をチェック!